2019年問題を蓄電池が解決します 電機は「売る」から「ためて使う」時代へ
蓄電池

FIT固定買い取り期間が終わったら
電気を売るよりも「自家消費」がお得になります

既存のソーラーパネルに後付できる、蓄電池システムの一例

  • Japan Battery ハイブリッド蓄電池システム 4.0kwh

    Japan Battery ハイブリッド蓄電池システム 4.0kwh

    設置工事費込み 140万円 見積もり調査費無料

    ジャパンバッテリー蓄電池ユニット + ハイブリッドパワーコンディショナ + リモコン/蓄電容量 4.0kWh/業界初2サイクルで実質8.0kWh

  • nichicon ハイブリッド蓄電池システム 12kwh

    nichicon ハイブリッド蓄電池システム 12kwh

    設置工事費込み 250万円 見積もり調査費無料

    ニチコン蓄電池ユニット(パワーコンディショナ内蔵) + 室内リモコン/蓄電容量 12kWh/屋外設置型

取扱メーカー 取扱メーカー

そもそも、 太陽光発電の2019年問題とは?

FIT固定価格買い取り期間終了後に、買取価格が下がる・売電できない問題です。
2019年問題を知らないオーナも多く問題となっています。

  • 2019年11月以降は
    売電できない可能性がある
  • 売電できたとしても
    大幅に買い取り価格が下がる
  • 2019年に固定買取期間が
    終了する世帯が50万件以上

2009年11月よりスタートした、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)の適応を受けた太陽光発電設備(10kW以下)が、2019年11月から順次、固定買取期間の10年間が終了する問題です。固定買取期間が終了した11年目以降の余剰電力をどうするかが決まっていないことが、問題となっています。

2019年問題に該当する人

2019年問題とは? 2019年問題とは?

2009年11月~2015年1月の期間に、住宅用太陽光発電を設置した人が該当します。

2009年11月~2015年1月の期間に、固定価格買取制度(FIT制度)の適応を受けて、住宅用太陽光発電(10kW以下)を契約した方が、2019年問題と大きく関係があります。この期間は、11年目以降の売電価格を24円/kWhと予想したシミュレーションが一般的であり、現在想定される11円/kWhでの売電価格とは大きく異なるため、計画どおりに資金を回収できない可能性があります。

固定買取期間が終わった後はどうなる?

固定価格買取制度が終わった後の余剰電力をどうするか明確に決まっていませんが、平成30年6月時点では2つの見方があります。

  • 1. 電力会社が余剰電力を
    低単価で買い取る
  • 2. 電力会社に余剰電力を
    買い取って貰えない

余剰電力を低単価で買い取ってもらえる場合でも、1kWhあたり11円程度になるという見方が大半です。これまでは、国の制度により電力会社の買取義務がありましたが、固定買取期間の10年間が終了すると買取義務がなくなるため、最悪の場合電力を買い取ってもらえない場合も考えられます。

現在よりも 大幅な収入ダウンの可能性

固定価格買取制度終了後の取り決めはどこの電力会社も未定ですが、
現在よりも大幅な売電収入のダウンが考えられます。

  • 売電価格が1kWhあたり
    11円になった場合

    • 今まで:月平均15,400円の売電収入(売電価格48円)
    • 11年目以降:月平均3,500円の売電収入(売電価格11円)

    売電収入 77%DOWN

    ※5kwシステム設置/年間5,500kWh発電/売電70%の条件にて試算

  • 余剰電力を
    買い取って貰えない場合

    • 今まで:月平均15,400円の売電収入(売電価格48円)
    • 11年目以降:売電不可

    売電収入 0円

蓄電池による自家消費なら 収入ダウンを解決できます

経産省が想定する電気自動車や蓄電池と組合わせた自家消費モデル

蓄電池写真

売電価格の低下、もしくは売電ができない場合の解決策として、余剰電力を自家消費することが考えられます。これは経済産業省が想定している固定買取期間終了後の「蓄電池と組合わせた自家消費モデル」と同じ考えです。

昼間に、ソーラーパネルで発電した余剰電力を蓄電池に充電し、夜間に蓄電池の電力を使用することで、電力会社からの電気の購入を抑える事ができます。

既存のソーラーパネルに後付できる、蓄電池システムの一例

  • Japan Battery ハイブリッド蓄電池システム 4.0kwh

    Japan Battery ハイブリッド蓄電池システム 4.0kwh

    設置工事費込み 140万円 見積もり調査費無料

    ジャパンバッテリー蓄電池ユニット + ハイブリッドパワーコンディショナ + リモコン/蓄電容量 4.0kWh/業界初2サイクルで実質8.0kWh

  • nichicon ハイブリッド蓄電池システム 12kwh

    nichicon ハイブリッド蓄電池システム 12kwh

    設置工事費込み 250万円 見積もり調査費無料

    ニチコン蓄電池ユニット(パワーコンディショナ内蔵) + 室内リモコン/蓄電容量 12kWh/屋外設置型

取扱メーカー 取扱メーカー

災害時にも有効 蓄電池導入のメリット

買取保証期間満了後は電気を「売る時代」から「使う時代」へ

電気を自給自足することで、電気代を安く出来る

昼間、ソーラーパネルで発電した余剰電力を蓄電池に充電し、夜間にその電力を使用することで、電力会社からの購入を抑えることができ、電気代の削減が見込めます。

蓄電池システムを導入して、
電気を自家消費した場合の「経済的メリット」

約206万円

10年間電気代の節約効果

【導入設備】
太陽光発電システム 4.93kw 蓄電池6.5kwh
【比較期間】
10年間
【売電価格】
10円/kwh
【電気料金】
1~5年目:36円/6~10年目:39円

非常時の電源になるので災害時でも安心

蓄電池導入の最大のメリットが、非常時に電源として使用出来ることです。災害で電力がストップしても、蓄電池を電源として使用することができます。

経済的メリット無料シミュレーション依頼

どれぐらいの経済メリットがあるかは、各ご家庭の発電量や電気の使用状況により異なりますので、無料シミュレーションをお気軽にお申し込みください。ご連絡いただきましたら、当社スタッフから折り返しご連絡させて頂きます。

関西No.1の実績多くのお客様に選ばれています

住宅用太陽光発電システム導入実績 3,500件以上

関西トップクラス3500件以上の太陽光発電導入実績があるので、ソーラーパネルと蓄電池の組み合わせにも精通。導入後のサポートも充実していますので安心してお任せ下さい。

蓄電池設置状況

お客様のソーラーパネルに最適な 蓄電池システムをご提案

どのような蓄電池が最適かは、お客様の環境によって異なります。
まずはお気軽にご相談ください

既存のソーラーパネルに後付できる、蓄電池システムの一例

  • Japan Battery ハイブリッド蓄電池システム 4.0kwh

    Japan Battery ハイブリッド蓄電池システム 4.0kwh

    設置工事費込み 140万円 見積もり調査費無料

    ジャパンバッテリー蓄電池ユニット + ハイブリッドパワーコンディショナ + リモコン/蓄電容量 4.0kWh/業界初2サイクルで実質8.0kWh

  • nichicon ハイブリッド蓄電池システム 12kwh

    nichicon ハイブリッド蓄電池システム 12kwh

    設置工事費込み 250万円 見積もり調査費無料

    ニチコン蓄電池ユニット(パワーコンディショナ内蔵) + 室内リモコン/蓄電容量 12kWh/屋外設置型

取扱メーカー 取扱メーカー

対応エリアArea

対応エリアマップ

中部・近畿・中国・四国まで対応

中部地方(新潟、富山、石川、福井、岐阜、愛知)
近畿地方(三重、滋賀、奈良、和歌山、京都、大阪、兵庫)
中国地方(岡山、広島、鳥取、島根、山口)
四国地方(香川、徳島、愛媛、高知)

※離島などは一部対応出来ない場合がありますのでご相談ください

蓄電池ローンStorage battery loan

蓄電池ローン
無料お支払い
シミュレーション実施中

家庭用蓄電池はローンが利用できます。蓄電池に興味はあるけれどまとまったお金を用意するのは心配。そんな方には低金利のローンをご利用いただけます。無料でお支払いシミュレーションをいたしますので、まずはお気軽に御相談下さい。

蓄電池ローンのシミュレーション依頼

お問合せ・資料請求・見積もりを無料受付中!

メールまたはお電話にてお気軽にお問合せ下さい

蓄電池コラムcolumn

2019年問題、FIT固定買取制度、太陽光発電、蓄電池などについてのコラムを掲載しています。
メルマガも配信しています。 配信登録はこちら>